転職でフリーターを脱出するための心得は

人手不足に悩む企業が多い一方で、就職難からフリーターになってしまう人もいます。

人手不足を派遣などの非正規雇用で補うしわ寄せがきている場合もあり、正社員を目指すにも困難が付きまとうことも多くなっています。

1.第二新卒に入るかが大きなポイント

学校を卒業してから3年以内であれば第二新卒の範囲に入る場合が多く、新卒と同じ待遇で採用されるチャンスがあります。

これは中途採用者であれば実務経験などのハードルが一気に上がるからで、経験が少なければ転職自体が難しいと言う実態を浮き彫りにしています。

フリーターの経験は実務経験として認められないことも多いため、第二新卒に入れるかどうかは大きなポイントです。

第二新卒を対象とした就職、転職フェアなども盛んにおこなわれており、職業の選択の幅も広がります。第二新卒の範囲から外れると転職もかなり厳しくなることは覚悟しておく必要があります。

2.紹介予定派遣を活用する方法も

フリーターから転職で、正社員の仕事が中々見つからない場合は紹介予定求人を積極的に活用するのも方法です。

紹介予定求人は正社員採用を前提とした派遣社員として扱われ、試用期間や能力テストを兼ねて仕事をする形になります。

期間が決まっているため目安がつけやすいだけでなく、最初に会社に入るハードルが低くなるのもポイントです。

また、転職を検討する際に、どんな職場であるかどんな業種であるかを見極めるために活用する方法もあります。

どれだけ待遇が良くても様々な負担や条件面での食い違いが出る場合もあり、就職しても再度転職してしまう人も多いからです。

一年以内の離職率を公表している企業などもあるので、目安として利用するのも方法です。

3.スキルアップを行うのは基本中の基本

ただフリーターを続けていて、正社員に転職するのは様々な困難を伴います。

少しでも採用率を上げるために資格の取得やスキルアップをすることは重要で、時間を有効に使える人材であることをアピールすることもできます。

事務関連であればオフィス関連の資格だけでなく、簿記などの経理に関わるスキルが重宝される場合や、業務上必須となる資格、取っておいた方が良い資格が多い場合もあるのです。

会社任せにするのではなく、自分で積極的に学ぶ姿勢自体が好感を生むこともあります。

教えられて当たり前、会社の義務だと言う考え方は間違いなく反感を買うだけでなく、同じ有資格者が同時に選考を受けた場合はそれだけ不利になります。

フリーターであること自体が不利なケースも多いため、それ補うだけのメリットや、意欲を示せるかが大切なのです。

●フリーターからの転職は厳しい

フリーター経験は実務経験として認められない場合も多く、転職にも困難が付きまといます。

・第二新卒であれば新卒扱いで活動が出来る
・紹介予定派遣を利用する
・自主的なスキルアップを行う

など、自分の立ち位置を利用するだけでなく、不利な部分のカバーを積極的に行うのが基本になります。

フリーターでいつづけることにも限界があるため、積極的に転職に挑むのも方法で、そのための努力をした人間ほど評価され、就職に結びつくことも多いのです。

転職の面接に際しての3つの質問とは

転職活動では、必ずと言って良いほど面接があります。近頃は面接が無い会社も増えてきていますが、それでも今なお面接を行う会社は多いです。

そして面接時には、担当者からの様々な質問があります。ただその質問内容も、ある程度は決まっています。よくある質問を把握しておくと、面接本番で慌てる事も無いでしょう。

1.退職に関わる理由の質問

まず転職活動の場合は、必ずと言って良いほど退職関連の質問があります。転職をしている方々の多くは、退職済みのケースも目立ちますね。

それで、なぜ以前勤めていた会社を退職したのかが質問される事になるのです。それと、まだ退職をしていない方々も同様です。

人によっては現在どこかの会社に勤めながらも、お仕事を探す事もあるでしょう。その場合は、なぜ今勤めている会社を辞めるつもりなのかも質問される事になります。

この退職理由はほぼ全ての会社で尋ねられる事になりますが、基本姿勢としては正直に話すのが望ましいです。嘘などは、たいていは発覚してしまうからです。

ただし面接官に対してネガティブな印象を与えるのは良くないので、最終的にはポジティブにまとめるのが肝心です。

2.志望動機に関わる質問

それと志望動機に関わる質問です。これも、ほとんど全ての会社で質問されると考えて良いでしょう。

一番ストレートな質問のされ方としては、「当社に応募をした理由は何ですか」などです。数ある会社から当社を選んだ理由は、何でしょうか等と聞かれる事例も目立ちますね。

その他にも別の言い回しで、暗に志望動機を探ってくる会社も見られます。将来やりたい事は何ですか等と質問し、志望動機を探っている事もあるからです。

その質問に対しては、やはり動機を明確にしておく事です。少なくとも相手に対して熱意を伝える事が肝心なので、自分なりに言い回し等をまとめておくと良いでしょう。

事前に志望先会社のホームページなどを見ておくと、スムーズに回答できる事も多いです。会社概要の経営理念などの項目を参照しておくと、志望動機をまとめやすくなる傾向があります。

3.他の会社への応募状況に関する質問

それとこの質問も非常に多いのですが、「当社以外にどこか別の会社に応募していますか」といった質問です。この質問に対しては、やはり正直に答えるのが望ましいです。

複数の会社に応募しているなら、正直に答えるべきでしょう。やはり嘘は良くありません。そして一番肝心なのは、「御社が第1志望です」という一言を伝える点です。

いくら優秀な人材でも「御社は第3志望です」などと伝えると、あまり印象は良くないでしょう。この質問では熱意を見極める意図があるので、第1志望という一言を添えるのが肝心です。

●面談時によく聞かれる3つの質問

ですので転職時のよくある質問は、主に次の3つになります。
・退職理由
・志望動機
・他社への応募状況

いずれの質問も、会社に応募する熱意や正直さなどを見極めていると考えて良いでしょう。

それらの質問に対する答え方を、自分なりに整理してまとめておけば、面接で困惑する事も大きく減ると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です