転職活動で求められる英語力はどれ位か

転職活動を有利にする為には、色々と方法があります。その1つとして、英語力アップという選択肢もあるのですね。と

いうのも一部の会社では、英語が使える人材を高く評価している傾向があります。ただどれ位のレベルが求められるかは、やはり会社次第と言えるでしょう。

1.都心エリアのお店などでは英語力がある方が有利

例えば、東京の都心エリアにあるお店です。東京地域は、最近は外国人の方々が非常に増えてきています。その地域を歩いていると、待ちで外国人を見かけるケースも大変多いのですね。

それだけに、その地域に対する来店客も外国人の方々が目立ちます。もちろん外国人の中には、なかなか日本語を話すのが難しい方々も見られるでしょう。ですので東京地域にあるお店としては、英語力がある人材を高く評価しているケースも多いです。

外国人来店客が大変多いので、英語を伝える方が色々と便利だからです。ですので英語力がある程度高めな人材などは、内定率も高めな傾向があります。

2.一部の病院でも英語力が求められる

それと最近では、医療業界でも英語力に対するニーズが高まってきています。やはり上記のような外国人の増加などがあって、一部の病院では外国人の患者が非常に多い訳ですね。

それと、中には外国人だけを受け入れている病院もあります。英語対応の病院だけに、もちろんそこで働く従業員に対しては、一定以上の英語力が求められる傾向があります。

最近はそのような病院も、だんだん増加傾向にあります。ですので医療業界での転職を望むならば、英語力が高い方が有利にはなるでしょう。

3.総じて英語力が高い方が有利

業界によって多少の違いはありますが、このように多くの所では英語力が高い方が有利な傾向があります。ですので転職活動を行うならば、事前に英語力を高めておく選択肢もあるのです。

ある程度頑張って英語力を高めてから、改めて転職活動を行い、良い会社に勤めるとの発想もある訳です。

4.1つの目安はTOEIC700点以上

では具体的にはどれ位の英語力が求められるかと言われれば、さすがにそれは会社次第と言えます。というのも会社によっては、それほど高い英語力が求められない事もあるのですね。

前述の東京都心のお店などの場合は、実はそれほど高い英語力は求められません。お店での英会話というのは、そこまで高度な知識は求められないのですね。

逆に外資系の会社に転職をしたいと思うなら、かなり高い英語スキルが求められる事も珍しくありません。1つの目安としては、TOEICという資格の700点くらいです。

そこまでの点数を記録していれば、日常英会話には困らないケースが多いからです。ただし会社によってはTOEIC900点以上を求めることもあるので、700というのは「目安」です。会社によって、色々と違いはある訳ですね。

●高い方が有利なのは間違い

いずれにしても、次のような事が言えます。

・英語力が求められる会社もある
・TOEIC700点が1つの目安
・求められる英語力の高さは会社次第

どれ位の高さが求められるかは会社次第とは言えますが、少なくとも高い方が有利なのは間違いありません。TOEIC900点ものスキルがあれば、どのレベルにも対応できるでしょう。

転職で成功したいと思うなら、できるだけ英語力を高めておくのは賢明と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です