転職の目的を明確にするメリットとは

転職の目的は人それぞれですが、あまりぶれやすいと様々な不利を背負い込む原因ともなります。目的がしっかりしていればモチベーションに繋がるだけでなく、取るべき選択肢が明確になるからです。

1.基本はモチベーションの維持

転職の目的は様々ですが、年収を増やすことや、労働環境への不満などきっかけがあるはずです。目的がはっきりしていることでモチベーションの維持にもつながるため、一度メモ書きでもいいのでまとめることでより意識が明確になります。

モチベーションが弱いと転職活動も惰性で行ってしまう可能性が高まり、志望動機や面接での印象がマイナスになってしまうことがあります。

特に妥協に妥協を重ねた状態であれば次があるからと手を抜きがちで、時間の浪費に繋がってしまうのです。

転職活動をするくらいなら資格などを取って社内の評価を高めた方が良かったなど、後で後悔しないようにすることも重要なのです。

2.選択肢が多すぎても時間の無駄になる

選択肢が多いことは素晴らしいことですが、迷う時間が多ければそれだけ自由な時間が少なくなります。

目的をしっかりと持って、転職先が目的達成にどのような好影響を与えるか考えることは重要で、それだけ優先順位が決まりやすくなります。

使える時間が限られているからこそ効率を上げることは重要で、ライバルに差をつけるポイントにもなります。転職に成功する自信があってもその通りに行くとは限らないため、少しでも良い状況を作ることも大切なのです。

また、迷っている間に逃げていくチャンスもあります。人気の企業は募集枠が埋まるのが早いケースも多く、人に先んじて動けるかが焦点になる場合もあるのです。

情報をいち早くキャッチするためにもしっかりと取捨選択を行い、業種や企業を絞り込んでおくことも大切です。

3.キャリア設計が明確になる

目的を果たす手段は様々で、環境を変えるだけならすぐに済んでしまう場合もあります。しかし、その状態に満足できるかはまた別な話で後々のことも考える必要があるのです。

収入や地位に関しても、短期視点か長期視点で考えるかでも最適解が変わってきます。例えば、人手が少ない企業であればそれだけ出世が早くなる可能性がありますが、企業規模で給料の限界も決まってくることがあります。

逆に大手であれば出世が厳しいケースが多くなるものの、全体的に給与には恵まれることになります。しかし、出世して役職を経験しているからこそ選べるエグゼクティブ求人なども存在します。

独立や起業も視野に入れる場合は大手ばかりが良いとは限らないのです。大手でも社内ベンチャーなどを積極的に作る企業もあるため、目的と達成に必要な期間を考えながら計画的に転職していくのも方法なのです。

●目的を明確にするのは基本

転職の目的の目的を明確にすれば、様々なメリットが得られるだけでなく人生の指標を得ることもできます。

・モチベーションが維持しやすくなる
・時間の無駄の削減
・キャリア設計を明確にできる

これらのポイントを自分なりにまとめることが重要で、目標がぶれるとそれだけエネルギーや時間が失われてしまいます。

短期視点だけでなく長期視点で考えることで、目的はより鮮明になり、仕事に対する意欲もわきやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です