転職する時の自己prに必要なものとは

転職する時の自己PRは、新卒の時とは大きく違います。特に違うポイントとしては、社会経験があるということです。

今まで培ってきた社会経験を踏まえた自己PRにしなければ、企業に適切なアピールをすることはできません。しっかりとした自己PRで自分を売り込むためにも、しっかりと必要なポイントを押さえておきましょう。

1.応募先企業に必要とされる実績をアピールする

転職時に重要視されるポンイトの一つは実績です。実績は、今までどのような会社でどのような仕事をどのような役割でこなしてきたかを説明しましょう。

また、ただ自分の実績を列挙するだけではいけません。できるだけ応募する企業が必要とする人材としてアピールできる部分を実績とします。

例えば、大きなプロジェクトをたくさんの人数で行うような会社の場合、今までもそういったコミュニケーションも必要な仕事をこなしてきた実績があることをアピールします。

応募する企業によってその内容は異なりますが、必要とされる実績をアピールするように心掛けましょう。

2.持っている能力、スキルをアピールする

今現在どんな能力があり、どんな仕事にその能力をいかせるのかを説明しましょう。今までしてきた仕事内容から能力を説明したり、持っている資格から説明するとよいでしょう。

また、どうしてその仕事をしてきたのか、資格を取得したのかなど、自分がなぜその仕事が好きなのかとういう部分も合わせてアピールしていくと、より意欲があることを示すことができます。

ただ能力を書いて説明するというよりも、その根拠も合わせて説明することで、自分自身の将来性も同時にアピールできます。

3.自分自身の特性をアピールする

企業側からすれば、採用するということは、これから一緒に働いていく仲間を選ぶというこです。

そんな一緒に働きたい仲間として選ばれるためには、個人の性格や趣味などの個性の部分で企業とマッチすることが必要です。

自分が企業に合っている人材なのかを確かめてもらうためにも、自分の個性をしっかりと示していきましょう。

特性をきちんと知ってもらわないとミスマッチを起こりやすくなってしまいます。そうならないためにも、きちんと性格や趣味など個人的な部分を示していきましょう。

具体的にポイントを示すと、必要とされる実績をアピールする。根拠も合わせた能力を示す。個性をしっかりアピールする。このようなことが言えます。

●企業に必要とされる自己PRを

実績、能力、特性、どれもビジネスマンには必要な要素です。しかし、転職というタイミングに限っていえば、応募企業に必要とされるということが一番ウェイトが重くなってきます。

つまり、応募企業がどのような人材を必要としているかをしっかり調べたうえで、それに合わせた実績を見つけたり、それに合わせた能力、特性を選んでアピールする必要があるのです。

転職だからこそ、企業視点の考えも持って考えていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です