転職でのメールのやり取りと主な重要ポイント

ここ最近の企業では、WEBを有効活用している傾向があります。以前のように電話だけで全てのやり取りを完結する会社は、最近では少なくなっています。

それでメールを用いる会社も多いのですが、それには様々なマナーがあるのです。それを踏まえておくだけでも、転職の成功率は大きく変わってくるでしょう。

1.面接の日程調整をする

そもそも会社で面接を受けるとなると、必ず先方の会社との日程調整が行われる事になります。

志望者と会社との間で様々なやり取りをして、具体的に何月何日の何時頃に面接を受けるか、最終決定される事になるのです。

面接日時の通知方法は会社によって色々ですが、最近ではメールで通知をする会社も増えてきています。

2.メールの文面が大事

メールでやり取りをするとなると、当然ながらその文面は確認される事になります。企業担当者の方々は、必ずメールの文面を細かく確認しているのですね。

文面からは、応募者に関する様々な事柄を推測される事になります。人となりに問題が無いかどうかも推理されますし、そもそもマナーに問題が無いかどうかもメールで判断される事になるのです。

したがって企業担当者に対して悪い印象を与えるようなメールの文面にならないよう、くれぐれも注意を要します。メールの送受信に関わる最低限のマナーなどは、やはり押さえておくべきでしょう。

3.メールに対する応答の早さは大切

そして企業からの連絡があった時には、とにかく早さが求められます。できるだけ速やかに反応するのが望ましいのですね。

せっかく企業から日程調整のメールがあったのに、それに対する返信が遅いと、相手に対して悪い印象を与えてしまいかねません。それで減点されてしまう事例もあるので、速やかに返信をするのが望ましいでしょう。

4.24時間が1つの目安

では具体的にはどれ位の早さで返信するのが良いかというと、24時間程度ですね。ですので2月13日の13時頃に企業からメールが来た時には、翌日の14日の13時頃までに返信をするのが望ましい訳です。

それ以降に返信をするとなると、少し遅いと見なされてしまって、悪い印象にもなりかねないでしょう。メールを確認したら、とにかく速やかに反応するのが望ましいですね。

5.メールに気づかないことに関する注意点

ちなみに一部の方々は、そのメールが届いた事自体に気がつかないこともあります。

企業からメールは届いていたものの、着信設定などの問題によって、肝心のメールに気がつかない事例も目立ちます。もちろんそれは避けるべきです。返信が遅れてしまうからです。

6.フォルダへの振り分けがおすすめ

それを避ける為には、やはりメールの振り分け機能を用いるのが一番無難でしょう。

会社からメールが届いた時には、特定のフォルダに振り分けられるようにすれば、見落としが生じる確率も減るからです。

●速さと丁寧さが大切

以上を総合的に見れば、次のような点が言えます。

・企業からのメールは丁寧に対応する
・早い返信を心がける
・24時間以内の返信がベスト
・見落とし防止の為にフォルダ振り分けを用いる

このように転職では、総じて丁寧かつスピーディーに対応するのが望ましい訳です。特に早さはとても重要なので、いつでも返信できる準備は整えておく方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です