魅力的な転職の志望動機を考える

1.志望動機は最重要

履歴書を作成する際には、必ず志望動機を記入することになります。この志望動機こそが転職や面接において非常に重要な役割を果すので、適当に記入せずしっかりと考えた上で志望動機を練り上げましょう。

なぜ志望動機が最重要とされるのかというと、そこからその人の人となりも見えてくるためです。例えば、なぜこの会社を選んだのか、どうして以前の職場ではいけないのか、という点をチェックするのに最適な文章なのです。

適当に作成した志望動機はその人の考えていることが見えてきませんし、転職先の会社にマッチするかもわかりません。

ここまで考えている人なら雇いたい、採用したいと思わせる最初の一歩こそが、志望動機なのです。特に、なぜこの会社なのかというシンプルな疑問を解消できるだけの内容は整えておきましょう。

2.自分の将来と会社をマッチさせる

これも志望動機で伝えるポイントの一つです。なぜこの企業でなくてはならないのか、この根拠を肉付けする要素として、自分の将来を見据えているというアピールは大いに役立ちます。

将来なりたい理想像はこの会社で働くことで達成される、さらに会社にも利益をもたらすという結びつけができれば、より説得力のある志望動機となるのです。

例えば、今所有している資格やスキルと結び合わせることができれば、志望動機の説得力も段違いになるでしょう。

仮に未経験の業界であっても、過去の経験とそれを活かした将来像を結びつけることができれば、企業への大きなアピールとなるはずです。

3.NGな志望動機も抑えておく

魅力的な志望動機を考えるのも大切ですが、同時にNGとされる志望動機も抑えておきましょう。そうすれば志望動機を練り上げる際にも役立ちますし、失敗を避けることができます。

具体例としては、単に学ぶ姿勢だけを見せて敬遠されるパターンなどです。会社に入って新しいことを学びたい、というのは王道な理由の一つですが、単に学びたいアピールをするだけでは十分なアピールになりません。

会社側としては戦力になってもらうことが大切なので、いかに学んだことを会社に還元できるか、成長した自分の有用性をアピールすることが大切なのです。

また、中身の無い志望動機にならないよう注意することも大切です。熱意を盛り込むことは志望動機において大切ですが、熱意だけでは採用されません。

その熱意をどう活かせるかを考えることで、初めて転職のアピールとなるのです。

●上記内容をまとめると、

1.志望動機はとにかく丁寧に作成する
2.自分の将来像と志望動機を結びつける
3.NGな志望動機を参考にして、なぜダメなのかを考える

以上になります。

志望動機は、面接前にチェックされその内容を前提に面接が開始されます。

雑な志望動機は面接本番にも影響を及ぼすので、なぜこの会社で無くてはならないのかを明確にした上で面接に臨みましょう。いかに内容に具体性を盛り込むかが、成功への秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です